転出届は引越しする前後の14日で届け出できます

引越しをするのに重要なのが、住民票を移すということです。住民票を移しておかないと後々パスポートを申請する際などに面倒が生じる可能性があるので、なるべく住民票は移しておいた方がいいでしょう。引越しをする日の14日前、あるいは引越しをした日から14日後で転出届を届け出ることができます。

引越しをしてしまった後に、うっかり転出届を出すのを忘れていた!という場合でも大丈夫です。多くの自治体で郵送での提出も受け付けているので、わざわざまた戻って届け出る必要はありません。住んでいた市役所や区役所、町役場などに電話で問い合わせすれば、丁寧に回答してくれるはずですから、焦らずに対処するようにしましょう。

横浜からの引越し料金情報などでは、横浜市からの引越し料金について解説していますので参考にしてみてください。

転出届がないと転入届を出すことができない

住民票を取得するには、新たな市区町村に転入をしたという証明が必要になってきます。その際に必要なのが転出届です。転出届を出していない場合には、まずは上記のように住んでいた自治体に届け出を出してから手続きをするようにしましょう。

転出届は転入先が未定でも提出可能

転出をすることは決まっていても、まだ転入先の住所が決まっていない。あるいは分からないということがあると思いますが、転出届を提出することは可能です。転入先がまだ未定ということで記載をするのですが、転出する先の市区町村だけでも分かっていれば受け付けてもらえます。ただし、転入先の住所が分かって転入した後に、転入届を提出しないと住所不定と言う状態になってしまうので、速やかに届け出をすることをオススメします。

転出届は市役所や区役所だけでなく出張所でも提出できる

転出届の届け出ですが、仕事の合間をぬって提出することがなかなかできないという人も多いのではないでしょうか。でも、現在は市役所や区役所、町役場以外にも提出できる場所が増えてきているので、家の近所にも提出を受け付けてくれる場所があるかもしれません。

自分の住んでいた町の自治体ホームページにアクセスしてみてください。転出届の受付先として、市役所庁舎以外にも、出張所や各種サービスセンターなどでも受け付けをしていることが書かれているはずです。わざわざ遠方へ出向いて届け出をする必要はないので、この機会にぜひ活用してみてくださいね。